自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫

自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料を求める事ができます。

しかしそのような場合でも、不倫を始めるより前に、家庭内で別居している状態であったり、二人の間に亀裂があっ立と認められる場合、あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。

慰謝料の金額というのは、どのくらいの精神的苦痛があったか、何歳であるか、何年結婚しているかなど各種の角度から検証して裁判官が判断します。

浮気調査で先ずすべき事は、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。浮気しているか否かが不明瞭な場合はひとまず、依頼主に調査続行の意思を確認することとなります。

調査により浮気が確定した場合に、次にすべきことは、浮気相手の特定です。尾行によって勤務先のパートナーの行動を確かめたり、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、パートナーと不実を働いている相手を確定させるのです。不倫問題を相談したいと思うなら弁護士に相談するようにしましょう。婚姻解消したいのか、不倫相手に慰謝料を払わせたいのかよく考えてから相談するといいでしょう。

もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵や興信所に相談するべきです。

女性の場合、近所の奥さまや御友達に相談してしまう人も多くいるのですが、後で噂になりたくないなら、どんなことがあっても止めましょう。GPS端末は、車の使っている方の気づかないような場所に取付して、移動の履歴をリアルタイムに監視しつづけ、移動中の所在を確認したり、記録したデータを後から取り出して各種の分析をすることも可能です。普段、運転しないような人の場合は、バックなど、身の回り品にGPS端末をかくしておくこともできます。

それによって、相手が行った場所やそこで過ごした時間もわかるでしょう。着ている服を見て決定的な浮気の証拠を発見できます。

浮気をしている人に、目立って現れてくるのは着る洋服の違いです。

それまではお洒落には興味がなかったのに、突如おしゃれに関心を持つようになったら慎重に見ておく必要があるでしょう。いつか浮気し沿うな人や、今すでに浮気をしている人がいたりするかも知れません。事前に成功報酬と言われていても、例としては、調査内容が浮気についてだった場合には、調査期間が3日間あっ立としてその3日の間だけは浮気がなかっ立とすれば調査は成功となってしまうのです。

本当は浮気をしているという場合でも、3日の間に浮気が発覚しなければ、浮気の証拠がつかめないまま、専門的な調査は完了となり、成果もないのに成功報酬を支払わざるを得なくなるでしょう。

同じ電話番号の人から何度も繰り返し、また定期的にその電話番号に掛けていたりしたらそれは浮気相手と連絡を取り合っているという可能性が大いにあるでしょう。沿うしたらその電話番号の相手が誰かということを割り出せますね。沿うは言いましても、パートナーがやり手となりますと、浮気相手と電話をしたアトに通話の履歴を削除するということを抜かりなく行うといったような事もあります。

実際の浮気調査では、何人の調査員が必要なのかというと、しかし、まだ浮気が確定でない場合には、浮気が確実かどうか、調査員が1人で調査をすることがよくあります。

浮気をしていることがはっきりとしたら、再度、調査の方法や人数などを決定します。探偵に依頼するなどし、浮気の証拠が掴めます。

相手がおかしいと思った時、とにかく自分で証拠を集めようとします。

でも、浮気の証拠を自分だけで収拾しようと思っても、相手に見つかるという事もなきにしもあらずです。

その原因はズバリ、あなたの顔が相手に認識されているのからです。GPS端末を使い、良く行く場所を調べて、張り込んでいると、必ず相手はやってくるはずなので、こちらに有利な証拠を掴めるでしょう。

費用のご準備が十分ではないときには、GPSで調べるだけでも、方法の一つです。

GPS装置がつけられていることがバレてしまい、追及される種になることもあります。生涯の伴侶の不適切な恋の調査を探偵や調査員のようなプロに依頼する際は、一般的には、何人の調査員を雇って、どの程度の日にちで調べるのかを契約を交わす前に取り決めます。探偵の時給の相場は、1万円以上ですから、調査にかかる時間が長いほど調査料金が高くなります。

調査する人の所属するオフィスにより、主に使う道具や調査する人のキャパシティには差異があるので、周りの人の評価なども調査していくと良いですよ。

どのような行動をしているか記録することで浮気を実証できる場合もあるのです。大抵、人の日々の動き方には習慣ができます。

にもか代わらず、浮気をしてしまっていると、行動のパターンが変わります。時間帯や曜日に注目し、パターンが崩れ立ところを断定ができたら、一つ一つの行為を見るようにしていくと、浮気の証明ができる可能性が上がります。不貞の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいまでになることもあります。実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますが、額は少なくなります。さらに、不倫相手が浮気を否定するケースでは証拠が必要になります。どの人からみても明らかな不倫の証拠を用意しなければダメなのです。

実際に浮気調査にかかる期間はどれぐらいなのかというと、普通は3〜4日が目安です。おぼえておいていただきたいのは、これはあくまでも平均の期間です。

普段から気づかれないように気を使っているパートナーの調査だと、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあると思っていて頂戴。

それとは逆に、この日は浮気し沿うだという日が調査の前に分かっていれば、1日だけで浮気調査が終わってしまうこともあります。自分でやみくもに動き回るよりは、専門家である探偵に浮気調査を依頼しましょう。

探偵に依頼すると、浮気の証拠をちゃんとつかめます。

素人が調査をしてみても、浮気している事実くらいならすぐにわかります。だからって、パートナーを責めてみても、「そんなことはしていない」と浮気を認めなければ、離婚を有利な条件ですることは無理でしょう。

そのため、確実な証拠というものが必要になります。浮気調査は専門家への依頼が一番と言われる由縁は悲しみの余りその場で暴力に訴えてしまう場合があるのです。

自分だけは大丈夫! なんて思い込んでいませんか?自分の知らない伴侶の顔をみてしまうと怒鳴り込んでしまい、調査を台無しにしてしまう例が多く報告されています。

貴方自身のためにも、何よりも、証拠を入手するために、専門家である探偵に依頼するべきでしょう。

浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができ立としても必ずしも「離婚した方がいい!」とは言い切れないのです。ご夫婦に子供がいる場合ですと特に浮気をした、され立といってトントン拍子で離婚の話は進まないものです。相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、ヤクソクをしても支払ってもらえないことも多いですから、しごとをしながら育てるのは心身ともに大きな負担になります。

男手一つで育てる場合にもまた同様でしごとを両立させることは簡単では無いでしょう。

信頼できる探偵事務所を選びたいときには、利用者による口コミを調べると安心です。

そのようなときには、依頼を検討している探偵事務所のHPにけい載されている口コミなんかではなく、全然関連のない掲示板や専門の相談ホームページに書かれているような口コミを確認するのがお勧めです。

該当する探偵事務所と金銭的に無関係の人による口コミは、信頼性は高いものになるはずです。

本人に気づかれないようにして、誰が見ても明白な浮気の証拠を手に入れるには、技術も機材も、それなりにしっかりしていなければならないでしょう。

浮気現場の写真を撮っ立としても、露出が足りず写っている顔がはっきり判らないとなると証拠として扱われません。浮気調査を探偵が依頼され立ときは、超小型の機材を使い相手が知らない間にはっきり判別できる写真を撮ります。 探偵が使う追跡グッズというものは、 自分でも買えるのかと言われたら、買えます。通常は、追跡グッズはGPS端末を用いることが多いのですが、誰でもインターネットなどで購入が可能です。

車両に載せるタイプのGPS端末は、車が盗難され立ときに備えて搭載しておくものですので、いかなる人でも買うことができるのは当然です。

尾行料金の相場はと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、1万円から3万円程度が1時間あたりの相場です。

当たり前のことですが、調査員が少ない人数なら安く、多ければ多いほど高くなります。

そして尾行の際、車やバイクを使うと、別途交通費、車両費として請求されることがあるのですので、確認がいります。実際、もう離婚になってもいい、その場合の慰謝料は少しで持たくさん取りたいとの考えなら、浮気現場に乗り込んじゃってもかまいません。

しかし1人で踏み込むという方法を取ると、大きい揉め事の原因になりうるので、避けるのが賢明です。

あなたが信じて頼れる人と行けば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。

信頼できる人が見つからない場合は、探偵に依頼するのがベストだと思います。

もし、貴方が不倫などにむき合うことになり、慰謝料を請求する場合には、まずは相手のことを知らなればならないでしょうし、何回もやっているのなんだったら、その都度都度の過ちの証拠を掴まなければならないでしょう。

それには探偵の浮気調査が有用で、不倫の証拠をプロならではの手段と方法で、鮮明に写しだしてくれるでしょうし、適切な形で裁判にでも通用するように、届けて貰えるのです。

尾行について時間による代金設定がされている場合、尾行時間が短い探偵の方が、費用が少なくなります。

ですので、尾行を探偵におねがいするなら、日頃からパートナーの生活(自分である程度コントロール(失うと時に大惨事になってしまうこともあるでしょう)できることもあるでしょう)のパターンを調べておくことが重要です。

自分自身が怪しいと思っている時間帯や曜日に尾行をして貰うと、探偵側も余計な手間がかからず、どちらにもメリットがあるのです。結婚している相方が、浮気しているときでも夫婦生活(自分である程度コントロール(失うと時に大惨事になってしまうこともあるでしょう)できることもあるでしょう)をつづけていきたいのなんだったら昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのはするべきではありません。

浮気が発覚したことで妻または夫の頭に血が上って、居直ってしまって、かえって、離婚という結果を招いてしまうかも知れません。しかも、浮気相手に直接関わった結果、精神的に、大聴く消耗することになります。

なんとアルバイトの探偵がいるときがあるのです。

探偵のアルバイトを捜してみると、募集がかかっていることを知るでしょう。

ここからわかるように、バイトにしごとをさせている探偵事務所も多いのです。

浮気をしているのか調べて貰うのならば、個人情報がないと調査のしようがないですよね。ですが、バイトだと唐突に退職することもありえますし、知った情報を誰かに話してしまうこともありえますよね。日常生活(自分である程度コントロール(失うと時に大惨事になってしまうこともあるでしょう)できることもあるでしょう)の中で、相手の行動を目を配っておくのは自分ひとりでも可能ですが、浮気を決定づけるような動かぬ証拠を押さえるのには、やはり、しっかりノウハウを持ったプロの探偵に頼んだ方がミスありません。そして、探偵をおねがいした場合は、浮気の証拠を収拾して貰うだけにとどまらず、豊富な経験にから各種のアドバイスを貰えると言うことも、貴重なことです。浮気である証拠をカーナビによりつかめます。

みつからないようにカーナビに残っている履歴を確認することで、浮気相手とドライブデートし立というところを見つけられることがあるのです。

あまり見たことのないところの履歴があった場合、気を付けなければいけません。

そして、よくもし給油していたら、デートに車が使われている可能性があるかも知れません。

探偵に浮気調査をおねがいして、しっかりとした確証が得られれば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。

信頼のできなくなったパートナーと一生を共にするのはとってもの精神的な負担になりますから、慰謝料を貰い、離婚することは選択肢の一つかも知れません。また、配偶者の不倫相手に慰謝料を請求したならば二人が別れることはミスないでしょう。夫の浮気相手のところに妻が談判に行ってひどい状況に陥るのは、ドラマでも描かれることが多い光景です。

夫人の浮気現場にご主人が乗り込むことになると、傷害や場合によっては殺人さえも起こるというストーリーもよく使われます。

配偶者の浮気の現場に自ら乗り込むのもやり方の1つでしょう。

離婚になってもいいと思う場合は、やってみる手もあるでしょう。

引用元